トップページ > 若き鍼灸師の皆さんへ
若き鍼灸師の皆さんへ

鍼灸こそプライマリーケアーの最前線に立てる医療です。

私はそれを世間にアピールするために、自分の治療院でその実績を積んで来ました。長い時間はかかりましたがサンプル的鍼灸院は創れたと思います。今当院で繰り広げられている患者さんと私達とのやりとりは、まさにプライマリーケアーそのものです。これからこのホームページを使って、プライマリーケアー鍼灸院でどんなことが出来るのかを紹介し、若き鍼灸師さん達に夢を語っていきたいと思います。

鍼灸師が鍼灸から逃げてどうする?

私が鍼灸の世界に入ってから30年の間に鍼灸大学が複数開学し、保険利用の地域格差が減りました。鍼灸に関する学術研究が進み、勘と術の世界から学と技の世界に変化してきました。志高い関係者の努力によって着実に鍼灸は進歩しながら新しい時代の医学に変容する歩みを続けてきました。

しかし、ここまで来ていながら開業鍼灸師のレベルが上がって、鍼灸に対する社会の認識を変えていくところまで来ていません。鍼灸師は食べていくために接骨、整体、美容や介護、リラクゼーションに軸足を移しています。皆さんもこの先どうやっていけばいいのか答えを探していることでしょう。

鍼灸師に必要な能力

鍼灸師に必要な能力を端的に示されたのは恩師代田文彦先生でした。

  1. 患者さんを総合的に診られるようになること
  2. 鍼灸で治せない疾患を鑑別できるようになること
  3. 適した治療法を選択して施せるようになること
  4. 患者さんに生活指導が出来るようになること

シンプルですがこれがきちんと出来るようになれば、自信を持って鍼灸師としてやっていけます。私もこの4つの能力を研修後も磨きながら鍼灸臨床を続けて、2代目の教育に着手するところまではこぎ着けました。今後は研修の経験者として学ぶ機会が増やされるように働きかけていくと同時に、サンプルとなる鍼灸臨床の形をこのホームページで示していきたいと思います。

熱き思い

私の玉川時代の先輩、似田敦(にただ あつし)先生は平成18年から学ばれたことを惜しみなくブログで開陳されています。私も治療に困ると似田先生のブログを見て勉強させてもらいます。代田先生の13回忌でお会いした際、「俺たちはこのままでいいのか」と檄を飛ばされました。先輩に倣ってこれまで蓄えた物を放出する時期に来たようです。頑張ります。

このホームページの使い方

鍼灸院のブログに紹介してある症例には、「新米鍼灸師のための極意講座」を書き加えて治療者目線での解説をしてあります。          また、これまで発表してきた論文や講演資料も「院長のブログ」の『発表原稿』のカテゴリーに集めてあるので参考にして下さい。

 


はり・灸/かとう鍼灸院
Copyright ©かとう鍼灸院,All Rights Reserved.
〒992-0045 山形県米沢市中央3丁目4-3
TEL/0238-24-4525