トップページ > ミニミニお灸講座 >  お灸雑話
ミニミニお灸講座

お灸雑話

お灸の真価

お灸は暖めるだけではなく、実はしっかり病気を治し予防する実力を持っています。

お灸をすえ続けると免疫力が高まり、昔は結核やライ病を治した記録もあるぐらいの力です。

また、面疔や、ひょうそうと言った化膿の治療にも役に立ちます。

現代医学が発達する前は、多くの感染症をお灸で治していた歴史があります。

こうしたメリットは今でも役に立ちます。

極端に除菌したり、抗生物質を乱用することで起きる免疫力の低下は新たな現代病です。

ことあるごとにお灸をすえておくことで、自然と免疫力を高め身体を丈夫にします。

 

自分でできるお灸講座

主に春と秋に当院でお灸講座を開催しています。実際にツボを取ってお灸をすえて体験しながら覚えていきます。

手取り足取りの講座なのでいつも人気で満員です。

お知らせは当ホームページの院長ブログや米沢市の生涯学習ガイドブックに掲載します。

どうぞご利用下さい。

 

◆ミニミニお灸講座年間表

1月 つわり7月前立腺肥大
2月生理痛8月膀胱炎
3月声がれ9月花粉症(鼻水、くしゃみ)
4月ノドの異物感10月魚の目
5月五十肩11月渋り腹
6月12月お灸雑話
今年は昭和の名灸師深谷伊三郎の書いた「灸堂臨床余録」から様々な症状に対する灸治療を紹介します。
お灸は反応の出ているツボに熱さが通るまですえるのが原則です。きちんと治すにはまず正確な診断が必要ですが、医者にかかる前に自分で試してみるのにこうした知識は役に立ちます。しばらく試してみて効果がないときは来院の上ご相談ください。

はり・灸/かとう鍼灸院
Copyright ©かとう鍼灸院,All Rights Reserved.
〒992-0045 山形県米沢市中央3丁目4-3
TEL/0238-24-4525