トップページ > ミニミニお灸講座 >  生理痛
ミニミニお灸講座

生理痛

生理痛にはなんと言っても三陰交(さんいんこう)のお灸が効きます。生理予定日一週間前からすえます。
ツボの取り方は内くるぶしの一番高いところから指四本分上で、すねの骨の縁に取ります。このあたりを押してぐりぐりと張った感じで痛いところが反応の出ているツボです。
千年灸のレギュラーを使って左右一つずつすえます。

三陰交

 

◆ミニミニお灸講座年間表

1月 つわり7月前立腺肥大
2月生理痛8月膀胱炎
3月声がれ9月円形脱毛
4月ノドの異物感10月魚の目
5月五十肩11月お灸雑話1
6月12月お灸雑話2
今年は昭和の名灸師深谷伊三郎の書いた「灸堂臨床余録」から様々な症状に対する灸治療を紹介します。
お灸は反応の出ているツボに熱さが通るまですえるのが原則です。きちんと治すにはまず正確な診断が必要ですが、医者にかかる前に自分で試してみるのにこうした知識は役に立ちます。しばらく試してみて効果がないときは来院の上ご相談ください。

はり・灸/かとう鍼灸院
Copyright ©かとう鍼灸院,All Rights Reserved.
〒992-0045 山形県米沢市中央3丁目4-3
TEL/0238-24-4525