トップページ > 何に効くの?

何に効くの?

鍼灸の適応症

東洋医学である鍼灸の適応症を西洋医学の病名で並べるのは誤解を生じやすいのですが、一般の方が理解しやすくするために、WHO(世界保健機関)が発表している「鍼灸で効果が見られる可能性のある疾患リスト」に、これまで当院で対応してきた疾患を加え以下に示します。

病名だけを並べても意味がないので、当院での治療例が参照できるようにしました。病名をクリックして下さい。

【心療内科】
うつ・ストレス・パニック・不安神経症頭痛・肩こり・不眠自律神経失調症

 

【神経内科】
神経痛・神経麻痺・ヘルペス後神経痛・痙攣・脳卒中後遺症 ・パーキンソン・ジストニア

 

【運動器】 
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群むち打ち・頚痛五十肩・肩痛肘痛手首の痛み・腱鞘炎・バネ指・手根管症候群背部痛胸部痛腰痛股関節痛下肢痛膝痛・足底筋膜炎・外傷の後遺症(骨折、打撲、捻挫)・ こうやく性神経障害

 

循環器
高血圧・低血圧症・動悸・息切れ・不整脈

 

呼吸器
気管支炎・喘息・風邪および予防

 

【消化器】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胃十二指腸潰瘍痔疾

 

【生殖、泌尿器】
膀胱炎・排尿痛・前立腺肥大

 

【婦人科】
更年期障害・生理痛・生理不順・冷え性・血の道・不妊・逆子・安産・陣痛促進・つわり・産後の回復・乳腺炎・母乳トラブル

 

【耳鼻咽喉科】
耳鳴・難聴・メニエル氏病・めまい・鼻炎顔面マヒ・顔面けいれん咽喉頭炎・へんとう炎・アレルギー性鼻炎・嗄声

 

【眼科】
眼精疲労・仮性近視・疲れ目・かすみ目・ドライアイ

 

【小児科】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)夜尿症・小児喘息・虚弱体質の改善

 

【歯科】
顎関節症・歯痛・舌痛症

 

皮膚科疾患
痒み・アトピー性皮膚炎・ひょうそう・面疔・ニキビ・円形脱毛・魚の目 

 

【スポーツ障害】
足底筋膜炎・モートン病・捻挫・アキレス腱炎・シンスプリント・オスグッド・ジャンパーズニー・肉離れ・テニス肘・野球肘・野球肩腰背痛・オーバーユース症候群

 

【リハビリ科】
関節の拘縮・運動痛・麻痺・痙性

 

【終末期医療】
癌患者の様々な愁訴(痛み、息切れ、吐き気、腸閉塞、のぼせなど)

 

参考

厚生労働省「統合医療」情報発信サイト
(癌患者にたいする鍼灸の効果について現時点での厚労省の見解が39ページに書いてあります)

http://www.shikoku-cc.go.jp/hospital/guide/useful/newest/cam/dl/pdf/cam_guide(3rd)20120220_forWeb.pdf

このように守備範囲が広いので鍼灸は総合診療に向いているのです。


はり・灸/かとう鍼灸院
Copyright ©かとう鍼灸院,All Rights Reserved.
〒992-0045 山形県米沢市中央3丁目4-3
TEL/0238-24-4525